欠かすことのできないアールグレイ

アールグレイ

アールグレイと言えば誰もが知っている有名なお茶です。ベルガモットの香りで一般的には黒い色をしていますが緑色の種類もあります。香り高いことで大変有名なこのお茶は、世界で最もよく飲まれています。もっとこのお茶について、よく知ってみましょう。

言い伝えによると、アールグレイの名称はチャールズ・グレイという名の伯爵に由来しています。1830年代にイギリスの首相を務めたこの貴族がレシピを輸入、もしくは作ったという言い伝えもあります。ひとつだけ確かなのは、伯爵がヨーロッパで最初にシトラスを調合した美味なお茶を試飲した人物であるということです。

通常はエッセンシャルオイルとして流通しているベルガモットは、お茶にフレッシュでデリケートな爽やかさと、すぐそれとわかる心地よい風味をもたらします。この柑橘類は、ライムとオレンジを掛け合わせてできたと言われていますが、その果肉は苦味が強すぎて生で食べるのには適しません。香水の世界でも人気のある原料で、イタリア半島の長靴の「つま先」に位置するカラブリア地域が主な産地です。

アールグレイはクラシックに愉しむのもいいですが、幅広いバリエーションがありそれぞれとても魅力的な味わいです。中では一日を通じて飲めるノンカフェインのアールグレイもあり、アールグレイ ポリッシュ ブレンドはレモンとライムの香りがアクセントの酸味の効いたお茶です。他にオレンジの花を調合したものもあります。お気に入りのアールグレイを見つけるためにも、風味を愉しみながら色々と試飲してみてください!