公式サイトは代引き手数料無料!クリスマスに向けて、お買い物を始めませんか?

オリエント急行 : 唯一の旅の手段 !

オリエント急行

少し前に別の記事で、目を輝かせてシベリア横断鉄道について語りましたが… 今日はもう一つの伝説の列車、多くの人々を惹きつける都市と都市を結ぶ、オリエント急行についてお話したいと思います。
この伝説の鉄道は、現在に毅然と根を下ろしつつ、過去への敬意を払う時間の旅へと我々を誘います。

歴史を少し

1867年、すべてはベルギーのエンジニア、ジョルジュ・ナゲルマケールスがアメリカを訪れた年に始まりました。彼は、この旅が自分の人生を変えることになるとは知る由もありませんでした。彼はすぐさま北米の現代的な列車に驚嘆し魅了されました。しかし、そこにはまだ改良の余地もありました。そこで彼は、ヨーロッパの最も美しい都市を結ぶ豪華列車のデザインに身を捧げることを心に決めるのです。偶然にも、パヴェル・クスミチョフも同じ年、サンクトペテルブルクでクスミティーを設立しました。

数年間に渡る努力が実り、1883年10月4日、ジョルジュ・ナゲルマケールスの夢は現実のものとなります。最初のオリエント急行がストラスブールからパリ (現在のパリ東駅) へと旅立ち、コンスタンティノープル (現在のイスタンブール) へと向かったのです。この初回の旅客には著名人や裕福な旅行者もいました。乗客全員が列車のスピードと車窓を流れる景色に心を奪われました。座席に座ったまま国境を超えることができ、列車に施されたデザインと装飾も非常に素晴らしいものでした。

ブルーとゴールドの列車

ジョルジュ・ナゲルマケールスのアイディアは確かに壮大なものでした。オリエント急行は、その細部に至るまでブルーとゴールドの内装で丹念に仕上げられていました。エンジニアはガラス工芸の名人であるルネ・ラリックや、デザイナーのルネ・プルーといった著名な職人を招聘しました。このプロジェクトに刺激を受けた二人組は、最高の素材を使用してエレガントで壮麗な客車を制作します。そのバールウッド、シルバー、ブロンズ、寄せ木、ビロードのカーテン、ガラス細工の内装は乗客を感嘆させるものでした。ダイニングカーも、列車が通過する土地からインスピレーションを受けた洗練された料理で最高のもてなしを提供。こうして歴史上初めて、長距離旅行が本当に満足できる体験となったのです。

しかし世界は変化し、飛行機が発明されると鉄道は過去のものとなります。こうした進歩に直面した1977年5月20日、「王様の列車、列車の王様」はイスタンブールへの最後の旅に出ました。しかし、今日では大会社が経営権を取得し、オリエントエクスプレスを2022年までに復興させようという計画が進行中です。

ベニス・シンプロン・オリエントエクスプレスとその魅力的な目的地

幸いなことに、「元祖」オリエント急行は、このタイプの列車の中で唯一のものだったわけではなく、他の一流列車も後続として存在していました。ベネチア・シンプロン・オリエントエクスプレスは今日も運行を続けており、パリ、ベネチア、ブダペスト、ロンドン、ベルリン、イスタンブール、プラハ、ウィーンへと旅客を運んでいます。こうした主要都市の数え切れない遺産を楽しむのに、これ以上の移動方法はありません。

乗客はダブルの客室かスイートを選択することができます。ご心配なく、どの部屋も贅を凝らした内装です。完璧な快適さと見事な景色をゆっくりとご堪能いただき、車内で提供される料理をお楽しみください。美しく復元された三台のダイニングカーと年代物のクラブカーをお気に召していただけるでしょう。さあ、本物の舞台装置の変更です !

日差しが戻ってきて、夏はもうすぐそこです…列車はまもなく出発します。ドアにご注意ください…ユニークで忘れられない冒険はすぐそこです !