デトックスする?しない?

デトックス

 

パッチからデジタルデトックスへ

デトックスとは、健康的な日常習慣のことで、これには様々な肉体的・精神的な浄化を伴います。自然観察ハイキング、修道院での隠遁生活、「デトックス」マークの付いた化粧品の使用なども含まれます。

浄化とデトックスは、広告界の中でこれまで最もアイコニックなものでした。そして今日では、名声にこだわるハリウッドスター達、フォロワー対応に熱心なブロガー、スクープ探しに多忙なビューティーエディター達、予約殺到のプロ職人達、そして疲れ切った母親達によって、デトックスは関心を持たれています。明らかにこの流行はバイラルになり、世代を超えて万人に影響を与えています。

でも、これは何を意味するのでしょう ? ジャンクフードと大気汚染の影響で体にたまった悪辣な毒素を取り除けと言われても、蓄積された組織、増えていく体重、張りのなくなったボディ、この上もっとひどいことになるかもしれない…どうしたらいいのでしょう ? そのような時でももちろん、少しでもデトックスをしてみることです。衛生面での関心が高まった19世紀の頃、初めて導入されたこの体内を浄化するデトックスは、現代のライフスタイルに寄り添うようになりました。飲み物、サプリ、パッチ、ヨガ、その他様々な手法によるデトックスについて、多くのベストセラー本が誕生し、中にはびっくりするような方法も紹介されています。インスタグラムとタンブラーなどのSNS上では、カラフルな「デトックス水」のボトルの写真が競うように投稿されています。ガラス瓶に入った貴重な妙薬の美しい投稿写真はアメリカでは人気絶大で、ニューヨークタイムズで絶賛されたベストセラー、Dr.ジュンガーの「クリーン」プログラムに多くの人々が飛びついています。他にもまだまだあります。1日のストレスが集中するという足の疲れを睡眠中に癒すという「フットデトックス」パッチの人気です。

一方、デトックスはスムージーやスープを飲むだけではありません。近頃では心も浄化するといわれるのが「ウェーブ」です。アメリカではチョコレートビスケットで有名な某企業が社員に、ネットから離れるオフラインの時間を提案しており、シリコンバレーの「デジタルデトックス・キャンプ」では、ヨガコースとマニュアル・ワークショップがラインナップされています。でも、こうした浄化方法は本当に信頼できるのでしょうか ? もちろん流行を追ったナンセンスなものもありますが、良識ある誠実なものもあります。結局、一番効果があるのは、大昔から取り組まれているように自然に体を解毒するのが良いようです。

引用 : 最近ではあなたのマインドを浄化するデトックス方法が「ウェーブ」なのです。