お支払い方法に、代金引換が加わりました (手数料無料)

インド 、西ベンガルを探検

インド

インドは多様なアイデンティティーをもつ魅惑の国です。広大で変化に富んだこの国全体を発見するためには、数回に分けて旅行するか、1回なら長期にわたる旅をする必要があります。今日はあなたを西ベンガルにお連れします。最高のお茶の産地として世界的に有名な小さな街ダージリンは、インドのこの西ベンガル州にあるのです。

西ベンガルはバングラデシュ国境の東インドに位置します。驚くほど多彩な景色とムードがあり、他では到底できない時代を超えた体験ができることはお墨付きです。  

色彩溢れるカルカッタ

西ベンガルの州都は、かの有名なカルカッタです。文化の首都とされており、多くのアーティストや知識人を生みました。この都市は様々な要素がコントラストをなしながら混在し、至るところに驚きが待ち受けています。人口450万、インドで3番目の大都市であるカルカッタは、朝から晩まであらゆる場所が活気で溢れています。何千人もの人々が入り混じりながら歩き、信じられない数の多種多様な乗り物が常にガラガラと大きな音を立て、多数の崩れそうな建物の中に目を見張るような立派な建築物があり、そしてそのすぐ横には荒涼とした貧困が肩を並べているのです。これは訪問すべき都市というよりは、どっぷり滞在して浸るべき場所と言えるでしょう。迷路のような通りを探検し、住人の衣服の多種多様な色彩を鑑賞しましょう…。

奇跡的な背景の美味しい紅茶

ダージリンの村は、一連の山並みへの眺望が素晴らしいヒマラヤ山脈丘陵にあり、高度6500フィート以上の場所に位置します。一番簡単にアクセスするには道路経由か、「トイ・トレイン (Toy Train)」として知られる美しい趣のある蒸気機関車を利用します。列車はゆったりと蛇行しながら登り、忘れがたい思い出を乗客に与えてくれます。

到着すると、そこは見渡す限りお茶のプランテーション。茶畑は庭園ごとに仕切られており、それぞれ異なる品種と生産方法が採用されています。農園を訪問するだけでなく、季節によっては茶摘みの手伝いをすることもできます。最初の収穫は毎年3月です。茶樹が5ヶ月間の休農期間を終え、気温が上昇して日が長くなり始めるのがこの頃です。ファーストフラッシュとして有名な新芽は丁寧に摘み取られます。そして、極上の風味と若葉のように爽やかでややスパイシーな香りのある、軽くて品のよいお茶が完成するのです。ダージリンが「お茶のシャンパン」と呼ばれることが多いのも、この繊細な味わいのためです。洗練された芳香のポテンシャルを十全に味わうためにストレートで愉しむことができます。この後、季節ごとに一年を通じて収穫が行われます。

都市と山岳から森へ

西ベンガルはキャンバス生地、シルク、サリー、ローズウッドとサンダルウッドで作られた製品の産地として有名です。とりわけ、この場所を訪れる人は、その豊かな動植物の生態の驚くべき調和に深い感銘を受けることでしょう。

自然の中に飛び込みたい人は、ユネスコの世界遺産に指定されているスンダルバンス保護地域がお勧めです。ガンジス川デルタ地帯にあり、地と水が組み合わされた所です。世界最大のマングローブの森 (沼沢地) のひとつがあり、水棲哺乳類、鳥、サル、鹿、爬虫類が生息しています。もちろん、近年絶滅の危惧が高まっている有名なベンガルトラもおり、クスミはこの絶滅危惧種保存の理念を支援しています。さらに素晴らしい体験をするために、保護地区をボートで探検することもできます。

出発の準備はできましたでしょうか ? もう完璧ですね ! 後はモンスーンの季節が終わるのを待つだけ。信じられないようなシーンに出会うので、カメラをお忘れなく !